Honey L Days

Honey L Days

  • Honey L Days

学生時代からバンドを中心にライブ活動を行っていたKYOHEI (Vo,Gt)と、ゴスペルグループで活動を行っていたMITSUAKI (Vo)が、舞台出演をきっかけに出会い、Honey L Daysを結成。ライブハウスを拠点にロックヴォーカルデュオとしての活動を本格化させ、2008年にシングル「Go⇒Way / Center of the World」でavex traxよりメジャーデビューを果たす。

KYOHEIが中心となって生み出す、熱情的なロックチューンや、叙情的なバラード。喜びや憂い、強さや弱さなど、人生の様々な場面を表現するメロディーとメッセージに、互いを引き立て合うツインヴォーカルが重なったとき、リスナーの人生を紡ぐメロディーは完成する。そのアーティストイズムがHoney L Daysの最大の魅力であり、それは揺らぐことのないHoney L Daysの個性そのものである。

2010年にリリースした4thシングル「まなざし」は、男子新体操を題材にして話題となったTBS系ドラマ「タンブリング」の主題歌に起用され、着うたが100万ダウンロードを記録。

夢に向かって諦めずに歩んでいくという等身大でストレートな歌詞が、頑張る全て人の背中を押す応援歌として大きな反響を呼び、Honey L Daysがヒューマンタッチなソングライター&ヴォーカリストであることを世に広く知らせた、代表曲の一つである。

個々の活動にも精力的で、MITSUAKIは「東山光明」名義で俳優活動を行っており、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(演出 小池修一郎)などに出演。またKYOHEIは、数多くの映画・舞台作品の音楽監修を手がけており、それぞれがヴォーカルデュオに限らない多才ぶりを発揮しながら、Honey L Daysとしてのネクストステージへ強いまなざしを向けている。

NEWS